INFORMATION

ブログ

8月号☆

7月も残すところあとわずか

強くなる日差しに

ラ・ロッシュ・ポゼの日焼け止めスプレーと

サンキラーの日焼け止めを

常に持ち歩いている

SRAの東 美紀です!!


先日伊丹店の住山アニキが

「伊丹のお店で洗車してたら

日差しが強くてたまらんわ~

日焼け止め塗らなシミになるなぁ~」(>_<)

と、言っていたので

私あずま愛用のサンキラーの日焼け止めを

オススメしておきました(^u^)

サラリとした塗り心地で

せっけんで落とせるし

日焼け止め特有の嫌なにおいもしない!

プチプラなのでケチらずたっぷり使える!!

男性にも使いやすいですよ~って(^^)


それにしても

アニキがシミを気にしているとは・・・(^_^;)

ちょっとびっくりです(笑)


さてさて

ますます日差しが強くなる8月を目前に・・・

今日は雑誌の特集のご紹介!!


ボルボ・カー神戸のマガジンラックには

SRAの田中さんが厳選した雑誌を

並べてくれているのですが

8月号の雑誌には

ボルボの特集記事が掲載されているものが

何冊もあるんです!!

(『OCEANS』だけ9月号でした・・・)


自動車雑誌の『LE VOLANT』の

記事を読んでいるのは

メカニックの北川さん☆


カルチャー文化雑誌の『SWITCH』にも

XC60のディーゼル車に関する

特集記事が組まれています。

興味深そうに記事を熟読しているのは

セールスのひとみん☆

きっと記事で読んだ内容も

お客様とのトークに生かすはずです(^^)


こちらはメンズファッション誌の記事を読む

セールス佐藤さん☆

とかいいながら佐藤さん!

夏の着こなしのページとか見て

チョイワルオヤジに憧れたりしてません?(笑)


他にも定番の女性ファッション誌

『STORY』はもちろん

男性ファッション誌の

『UOMO』などにも特集記事が掲載されていて

今、どれだけボルボが注目されているのかを

実感することができます!!


車検や点検また修理などで

ご来店頂いたお客様に

長くお待ちいただくこともございます<(_ _)>

ショールーム内で時間を過ごされる際にはぜひ

色々な雑誌のページを捲ってみてください!

みなさまの大好きな『ボルボ』の

特集記事を読んでいただき

もっともっと

ボルボを好きになっていただければ

幸いです(^^)


まだまだ暑い日が続きます。

みなさま熱中症対策だけでなく

紫外線対策もお忘れなく~(^^)/

以上紫外線対策本部長(笑)

東 美紀がお送りいたしました♥

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ アーカイブ C70

1996年のパリモーターショーで、

ボルボ史上最もセクシーな車と称される

1台のモデルが発表されました。


それが C70 です。


ボルボ アーカイブ 第2弾は、その C70

について、皆さまと共に振り返ります。


1990年の初め、それまでボルボの

エクステリアのイメージとして定着していた

「箱型」を一新させて、全く新しいデザイン

のモデルを創ろうという思いが、ボルボの開発

チームの中に芽生え始めていました。


開発チームは当初から、ボルボの往年の名車

P1800 以降、クーペを開発してこなかった経緯

を改め、世界一安全性の高いクーペと、ルーフのない

カブリオレを創る決定を下したのです。


デザインを統括するディレクターには、英国人

のピーター・ホルバリーが就任。

そして、BTCC

(British Touring Car Championship)

レース参戦のため、850エステートをベースにした

レーシングカーを共同開発していた、

英国のエンジニアリング会社である TWR

(Tom Walkinshaw Racing)

のチーフデザイナー イアン・カラムらによって、

とても流麗なフォルムのクーペがデザインされました。

今でも古臭さを感じない、かっこいい車です・・・。


このC70が発表された同じ年に、ハリウッド映画の

「セイント(The Saint)」が公開されましたが、ヴァル・

キルマー演じる主人公 サイモン・テプラーが乗る愛車

に、このC70が起用されました。


因みに、この映画はかつて米国のTVドラマシリーズ

になった同名のリメイク版で、しかもその主人公を

演じたロジャー・ムーアが乗る愛車も、ボルボのP1800

です・・・。


ヴァル・キルマーやロジャー・ムーアと言った

俳優の名が自然と出る年齢の私ですが、

このブログをお読みになっている方の中で

どのくらいお分かりの方がいらっしゃるのでしょうか・・・(笑)


そんな華麗な C70 ですが、クーペは2002年まで、

カブリオレは2005年まで造られていました。


勿論、C70 の C は、

「Coupe」と「Cabriolet」の両方

の意味を表すわけですが・・・。


安全性を最重要視するボルボは、長年カブリオレの

開発をしてこなかったのですが、ROPSと呼ばれる

事故の横転時に、強固な補強材が乗員を保護する

安全装置や、高張力スチールを多用した強固な

車体構造を開発することで解決し、カブリオレは

人気を博し、クーペより3年間の長寿となりました。


その後、TWRはボルボに吸収され、2代目のC70は

クーペとカブリオレの両方のキャラクターを併せ持つ

3分割スチールルーフを装備しました。

それはあのイタリアの名門、ピニンファリーナと共同

開発しましたが・・・、

その2代目C70に関しては、また次のボルボ アーカイブ

で振り返ります。


作文: 齊藤宣幸


このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ紹介☆

みなさまこんにちは!

近所の

「まるきん食堂」のママのおかげで

夏バテから復活!!!

すっかり元気になった

SRAの東 美紀です(^u^)

夏バテ解消には辛いものと

人の優しさ・・・

これ!この夏学んだことです(笑)


さて、今日は久しぶりのスタッフ紹介☆

以前予告していた通り

満を持して登場!!

ボルボ・カー神戸の所長

ドン小西☆こと

小西 良典(こにし よしのり)所長を

ご紹介いたします(^^)/

我々伊丹産業カーズ(株)は

神戸・神戸西・伊丹・松山にそれぞれ1店舗ずつ

計4店舗のショールームがございますが

そのすべての店舗の統括部長でもある

小西所長はとにかく超多忙!!


ある時は食事の時間を削ってパソコンの前で

超高速カタカタカタカタ・・・(☆-☆)

ある時はショールームを動きまわり

セールスマンたちの商談に

耳を傾けたり・・・(゜-゜)3

またある時は

キレッキレのトークで

商談に入り込んだり・・・


ご自身が担当していたお客様が

小西所長の顔を見に来て下さることもしばしば・・・

所長に就任された時には

担当していたお客様から

たくさんの贈り物を頂いていた小西所長

人気者っぷりを物語っています(^^)

超多忙な小西所長ですが

お休みの日には山に登ったり

テニスをしたりアクティブに活動されるそうで・・・

じっとしていられないタイプなんですね(^_^;)


我々伊丹産業カーズのドンであると同時に

おしゃれ番長でもある小西所長☆

お洒落は足元から・・・

いつも素敵な靴を履いています(♥0♥)

靴だけではなく

スーツやネクタイその他持ち物すべてに

こだわりが・・・

ドン小西☆と呼ばれる所以です(^^)


身だしなみに気を遣い

いつもパリッとしているドン小西所長ですが

辛いカレーが食べられないとか

甘いものに目がないとか・・・

意外な一面も(^u^)


お客様から差し入れをいただいたりすると

真っ先に

「あけていい??」(゜-゜)

とおねだり顔で聞いてきたり

口の周りにクリームつけていたり(^_^;)

コワモテとのギャップにやられます(笑)


いつもタフでパワフルなドン☆

でも時にはゆっくり頭と身体を休めて下さいね!


「よし!これだけ書けば十分でしょ?!」(笑)

 

(写真・文 SRA 東 美紀)
 


このエントリーをはてなブックマークに追加

XC70 と言う名の Cross Country

中古車部からのご案内です。

XC70 が入荷されました。


皆さまはボルボの 「XC」 レンジとお聞きになり

どんなモデルレンジをイメージされるでしょうか。


現行ボルボのモデル・レンジは、「S」・「V」・「XC」

の3レンジに分けられています。

実はCross Country を意味する「XC」は、

いつしかSUVモデルを表すレンジネームに

変化してゆきました。


そもそもボルボの Cross Country のキャラクター

は、S や V の通常モデルの車体をそのまま流用し

轍やラフロードも難なく走行できるように、サスペンション

ストロークを長くしたり、タイヤを大きくしたり、AWD

と呼ばれる4輪駆動にして、アウトドア志向の方々にも

ボルボの広大なラゲッジルームを存分に使えるように

した、とても理に叶ったモデルです。


今も V60 と V90 には、そのCross Country

モデルが存在しています。


でも、今回ご紹介するモデルは、

XC と言う名の CrossCountry です。


モデル:       XC70 T6 AWD       

初年度登録:  平成23年12月        

走行距離:    48,600  km           

車両価格:    ¥1,680,000.-    


この「XC70」は、実の意味で Cross Country モデル

を XC と呼ぶ最後のモデル。


ボディーカラーは、ブラックサファイア・メタリック。

走行距離も少なく、車両価格も200万円を切る価格で

ご提供出来ます。


2階 中古車ブースで展示中です。

先ずはお問い合わせ下さいませ。


**********************************

ボルボ・カー 神戸

代表電話: 078-232-0555

中古車部 齊藤宣幸


このエントリーをはてなブックマークに追加

3人展♪



皆さまこんにちは!

SRAの田中 麻友美です☆


3連休、いかがお過ごしですか?

この3連休はとっても暑いみたいなので

熱中症には気を付けてお出掛けなさってくださいね!


さて、先日ブログでお知らせしました

イベント3人展

本日から開催されております(^O^)


さっそくイベントの様子を

お伝えいたします♪♪


すっかりブティックになった2階は・・・

♥ネックレス♥


♥ピアス&イヤリング♥


♥バッグ♥


♥お洋服♥

たくさんの商品が並んでおります!!


お洋服はなんと!

値札から半額以下のお値段で

販売されています(◎-◎)!!

お洋服を見ていると

「すべて7割引きだからお得よ~」と言われて

ついつい目がになっていまいました(^_^;)

あれもカワイイ~これもカワイイ~

見ていると物欲が高まります(T_T)


お車の修理でご来店されていたお客様も

「良い買い物ができました~♥」と

喜んで帰ってくださいました(^。^)



(写真 左:manri 森田さん

     右:CHICO Accessory 飯島さん)

お2人が身に付けておられる

お洋服やアクセサリーも素敵なので要チェック(^_-)-☆


14日、15日、16日の3日間

開催されていますので

みなさまぜひ遊びにきてくださいね~

一点物なのでお早目に・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>
85ページ中8ページ目
RSS FEED http://www.volvocar-kobe.com/information/feed?feed=rss
インフォメーション
ボルボ・カー 神戸

伊丹産業カーズ株式会社
ボルボ・カー 神戸
〒651-0075
兵庫県神戸市中央区北本町通4丁目2-20
TEL.078-232-0555
FAX.078-231-7777
フリーダイヤル.0120-840-111
kobe.200@dealer.volvocars.co.jp
営業時間 10:00 - 19:00
火曜日定休(但し、祝祭日は除く)